Feast in the Valley 撮影のお話

田舎でyoutubeの配信始めました。 田舎暮らし、愛犬小次郎、野山の自然、料理、簡単DIY、などをテーマに動画配信しておりその撮影風景などをこちらで書き連ねていきます。 動画自体で話すことはほぼありませんのでこちらではペラペラと綴っていきたいと思います。

2019年11月

あまった頭・足・首を小次郎にあげたのですが、鶏と言う事で骨が刺さらないよう細かく切りました。
前回は骨の無い部分のみあげたのですが、今回はトサカが無いので食べ応えがないだろうと言うことで余った部位は全部あげました。
43
44
即、丸呑み始めたのであせって取り上げてさらに細かくしてあげました。
取り上げたときにいつものように怒らず、悲しい顔をしたのは忘れません。

45
「え?。くれたんとちゃうんスか?」
にしか見えない顔。

次回は小改修工事終了の記事になります。
46
奥の真ん中、思い切り沈んでますやん・・・


26

21
鶏本体を火にかける前に鶏油(チーユ)の抽出をします。
前回は真っ黒に焦がしました。が今回は慎重に
22
23
大丈夫なアメ色です。
こちらを本体に塗りながらジワジワと焼いていきたいと思います。
24
25
塗り塗り。滴る油で心地よく火柱が立ちます。
今回は単純なぶら下げ式ではなく、チェーンを使用しているのでぶら下げの高低を調整できます。
既製品ですと当たり前の機能ですが。
27
焼けてきました。
28
29
付け合せのコーンを直火で焼いてます。アスパラ(好き)は却下されました。

30
串からはずして
31
さばいていきます。
ホロホロでナイフいりませんでした。手でもぎ取れます。あぶらベトベトです(いい意味)
01
皮の厚みがなく、思っていたよりパリパリ感はありませんでしたね。
何より驚いたのは胸肉が最高でした。パサパサになりがちですが、しっとりとしてしっかり鶏肉。何かしらのソースをつけて食べる部位ですね。
王道の手羽とモモはレモン塩以外は何もいらない。最高です。
画像では
レモン 塩コショウ 鶏油(唐辛子輪切り入り) ニンニク
を添えて完成です。
動画もぜひご覧ください

名称未設定 2

おっと、詰め物を忘れてました。今回は超シンプルににんにくを一束半切にして入れます。
名称未設定 1
お尻をヨウジで止めて、
014
塩、ブラックペッパー、タイムを塗りこみ
015
自作のロティサリー串に差し込みます。
この串は、公園などで足元にロープが張ってある花壇ありますよね?あのロープの骨組みになる鉄製の杭です。
016

それでは焼いていきます。
動画もぜひご覧くださいぃ

01
炊事場小改修の直前に撮影し直した、鶏の丸焼きの編集が一段落したので続けていきます。
まずは火お越し
011
今回もオガ炭を使いました。心の底から便利だと思います。
以前の失敗から多少の進歩がありましたので準備は万端です。
001
前回と流れはまったく同じで進めていくので実質変更点は鶏の種類だけです。
前回は鶏の産地を書けませんでしたが、今回は出来上がってるので書けます。
鳥取県産大山鶏です。食べた人よりさばいた人ならわかりますが、各部位がサコサコはずれてすごくさばきやすかったと思います。
食べればやわらかくてジューシーはもう当たり前ですね。おいしかったです。ビミー。

05
頭 首 脚と落としていきます。
02
細かく切って湯がき、小次郎のご馳走になります。
首と脚から皮が取れました。予備の一羽からも少々とって鶏油(チーユ)の元にします。
013
毎度のようにテキトーに縛って下部穴に串を刺します。
縛って背面で引き締めると胸を張るように美しくなるのですが撮影忘れました。

動画もぜひご覧くださいぃ

鉄筋を入れることができなかったのですがこれくらいなら大丈夫でしょう。
01

02
排水口がかなり上にある理由はかんたんです。忘れてたのです。
ちなみにシンクの底になるコンクリート板に排水用の穴を開けるのをさらに忘れてます。
写真見て今気がつきました。
コの字型の屋外炊事場ですのでグラインダーでコンクリートを切断すると粉塵がえげつないわけです。
後の火消しツボが真っ白ですわ。
食べ物を扱う場所なので清潔に保ってはいるのですが工事中は仕方ありません。
やりきってから大掃除です。
次回は完成してから更新します。

~雑談~
複数人で撮影をしているのですが、私はおもに撮影環境の施工と料理中の被写体です。
汚れるし体力仕事ですがやることが明確な分、楽なのです。
しかもこの場所は私の所有地ですので作りこんでも私の財産になるからまったく苦になりません。
トランクとギターしか所有してなかったのですが土地を手に入れました。
単価ほぼありませんが。
いずれ訪れる老後にもここから色々発信していくことを考えています。
小次郎は最後までつき合わせてやります。

03

↑このページのトップヘ